言葉の深みは、好奇心から成る。 | 株式会社デイリースポーツ案内広告社
VOICE

言葉の深みは、好奇心から成る。

2022年7月21日 言葉の深みは、好奇心から成る。


執筆:営業部 寺島郁也

 

My Curiosity

熱田顧問とお話をしていると、何度も「そうなんですね、知らなかったです。」という言葉が自分の口から出てしまう。
それほどまでに、熱田顧問が発する言葉には自分が今まで出会わなかった新しい知識や驚きに溢れていている。そして、なんといっても「深い」のだ。

なぜ、「深い」のか。
前のめりになって質問をすると、やさしい笑顔でいつも持ち歩いているという一冊のノートを見せてくれた。
そこには、「My Curiosity」と書かれていた。直訳すると「私の好奇心」だ。

熱田顧問は、常に好奇心に満ち溢れている。気になったことはすぐにメモを取り、実際に現地に赴いてご自身で見て、感じている。
好奇心をそのままにせず、体験をしているのだ。
だから発する言葉がすべて実体験に基づいているため「深い」のだ。

「My Curiosity」好奇心を大事にしたいと感じた。

 

今日、この瞬間からできる楽しく生きるコツ。

仕事だけではなく、人生を長く楽しく生きるコツを伝授いただいたので、読者の皆さんにも共有したいと思う。
今日、この瞬間からできるちょっとした工夫だ。

①他人の良いところを100個書き出してみる。
仕事でかかわる人、パートナー、友人など、人とかかわる際にどうしても「悪いところ」が目についてしまいがちである。「悪いところ」ばかりが目につくようになると、自分も嫌な気分になり顔に出てしまい、結果的に周りとの関係も悪化してしまう。
そこで「良いところ」を100個書き出してみると、徐々にポジティブになっていき、そういった雰囲気が周りにも伝播し、関係がいい方向に向かっていくのだそうだ。

②元気よく話す。
元気よく話すと、背筋がピンと伸び発言に芯ができ、相手に情熱や真意が伝わりやすくなるそうだ。お客さまとの打ち合わせ時や、日々のコミュニケーションでも、あらゆる場面で活用することができる。
元気よく話す風土が出来上がっている職場は、業績が良い。相手に対して本気だからだ。

どちらも、すぐできることばかりだ。早速取り入れてみよう。
好奇心をもって。

 
熱田貴氏 プロフィール

昭和13年7月7日、千葉県香取市生まれ。外国にあこがれ(株)日之出汽船に勤務、国立高浜海員学校(現・国立清水海上技術短期大学)卒業後、日之出汽船に勤務し、昭和32年より38年まで客室乗務員として南米・北米を回り、ワインの魅力を知る。
昭和39年、ホテルニューオータニ料飲部に転身。昭和44〜47年までワイナリー、スコッチウイスキー研修のため、フランス・ボルドー、ドイツ・ベルンカステル、オーストリア・ウィーン、イギリス・エジンバラなど世界各国を巡り、昭和48年にホテルニューオータニに復職。
平成3年、東京麹町にワインレストラン「東京グリンツィング」開業。平成9年2月(社)日本ソムリエ協会会長に就任。平成17年2月同協会名誉会長に就任、現在は同協会名誉顧問にいたる。
「シュヴァリエ・ド・タストヴァン」「コマンドリー・デュ・ボンタン・ドゥ・メドック・エ・デ・グラーヴ」「ドイツワイン・ソムリエ名誉賞」など海外の名誉ある賞のほか、平成8年「東京都優秀技能者知事賞」、平成12年10月「フランス農事功労勲章」、平成22年度秋の褒賞で「黄綬褒章」など数々受賞。 現在は、一般社団法人日本ソムリエ協会名誉顧問、NIKI Hills ワイナリー(北海道余市郡仁木町)の監査役を務めている。

アイデアで
コミュニケーションを変え、
アイデアで社会を変える。