本番のように練習を。練習のように本番を。 | 株式会社デイリースポーツ案内広告社
VOICE

本番のように練習を。練習のように本番を。

2022年11月22日 本番のように練習を。練習のように本番を。

営業部 南修平

きっかけはゴルフ研修

父がやっていて昔から興味はあったものの、なかなか手を出せずにいたゴルフ。

「道具がたくさん必要だよね…」「練習できる場所が少ないよね…」「結構お金がかかるよね…」などと、様々なハードルを勝手に設けてチャレンジしてこなかったのですが、会社が主催するゴルフコンペに意を決して参加してみました。

挑戦してみようと思えたきっかけは「ゴルフ研修」です。会社公認でゴルフをする研修が月イチで開催されるなんて変わっているなと未だに思いますが(笑)、とてもユニークで面白い取り組みだし、やったことないことに挑戦させてくれる環境には感謝です。

初めてのコンペ。結果は…

初めてゴルフコンペに参加させていただいたのは2022年5月14日でした。

とにかく一緒に回る人たちに迷惑をかけないようにすることで精一杯だった私の最終スコアは157。お世辞にも良い結果とは言えず(というか散々?笑)、悔しさの残る内容でした。

それでも、普段は仕事の話をするのがメインの上司や、そもそもあまり深く話したことの無い方々とも気軽にコミュニケーションが取れてとても楽しかったです。

リベンジ!二度目の参加

初めてのゴルフコンペで、ゴルフの魅力を知った私はリベンジを誓いました。

前回の反省点を自分なりに考えたり、父を誘って練習場に行きアドバイスをもらいながらスイングの調整をしたり・・・。練習するうちに、ゴルフの成長には「PDCAサイクル」を回していく癖が付いてきた気がします。

どうすれば上手くボールを飛ばせるかを考えて(Plan)、それを実践して(Do)、結果どうなったのかを振り返り(Check)、改善点を見つける(Action)。

これは、ゴルフだけではなく日々の業務にも活かせるのではないか。そんなことを考えながら運命のリベンジマッチ当日の2022年10月29日を迎えました。

ゴルフから学んだこと

初めてのラウンドから練習を繰り返して挑んだ、人生2度目のラウンド。最終スコアはなんと147。

前回より10打も縮めることに成功しました!スコアだけ見たら、正直大した結果ではありません。

ただ、前回の自分から少しでも成長出来ている実感が得られてとても感動しました。今回のラウンドで、ゴルフはいかに練習してきたことを本番で発揮することが出来るのか、という再現性を求められるスポーツだと感じました。

本番のように練習をして、練習のように本番に臨む。そんな心持ちで、ゴルフも仕事もできるように頑張ろうと思います!

アイデアで
コミュニケーションを変え、
アイデアで社会を変える。