動画広告は効果が高い?効果が高い理由やメリット・デメリットを詳しくご紹介 | 株式会社デイリースポーツ案内広告社
COLUMN

動画広告は効果が高い?効果が高い理由やメリット・デメリットを詳しくご紹介

2022年9月13日 動画広告は効果が高い?効果が高い理由やメリット・デメリットを詳しくご紹介

動画広告の効果

広告は、自社の商品やサービスのアピールを効果的に行える手段です。例えば、新聞広告やテレビCMは、不特定多数のユーザーに商品やサービスを認知してもらえます。

そんな広告の中でも新たに注目されているのが「動画広告」です。YouTubeといった動画サイトやTwitterなどのSNSに動画広告を出すことで、次のような効果が期待できます。

  • 認知拡大
  • 販売促進
  • 明確なターゲティング
  • 潜在層にアプローチ
  • 魅力が伝わりやすい
  • 費用対効果

以下で詳しく解説します。

認知拡大

認知拡大は、動画広告を出す目的の1つです。自社の商品やサービスのことを知ってもらわなければ、購入につながることはありません。動画広告を出すことで、不特定多数のユーザーに商品などのアピールが可能です。

販売促進

自社の商品やサービスを知ってもらえれば、販売促進の効果も見込めます。動画広告で商品等の魅力や特徴、購入することで得られるメリットやベネフィットを知ってもらうことで、販売促進につなげることができます。

明確なターゲティング

動画広告は、自社の商品やサービスに適したユーザーへのターゲティングが可能です。テレビCMや新聞広告は、不特定多数のユーザーに対する宣伝効果を見込めますが、条件を設定してのターゲティングは困難です。

その点、動画広告はユーザーの年齢や性別などを設定したり、自社の商品やサービスに関連した動画に広告を出せます。

潜在層にアプローチ

動画広告は、潜在層にアプローチできる点もメリットです。自社の商品やサービスのことを知らない、もしくは関心がない人もいます。しかし、関心や興味がないだけで、必要がないわけではありません。もしかしたら、ユーザーの抱える問題を解決できるのに、商品やサービスを知らないだけといった可能性もあるのです。動画広告は、必要としているのに興味や関心がない潜在層にアプローチできます。

魅力が伝わりやすい

テキストや画像のみの広告は、興味や関心がなければ読む気が起きないものです。商品やサービスの魅力をいくら詳細に記載しても、ユーザーには半分も伝わりません。

一方、映像や音声が使われている音声広告は視覚や聴覚に働きかけるため、印象に残りやすいのが利点です。テキストや画像では伝えきれない商品の魅力を、十分伝えることが可能です。

費用対効果

動画広告は、費用対効果にも優れています。商品やサービスをテレビCMで1回放送した場合、30万円〜100万円ほどのコストがかかります。

その点、動画広告をYouTubeで流した場合、「1,000回の表示で数百円」「1回のクリックで3〜25円」など、低コストで多くのユーザーに広告を出すことが可能です。

動画広告の効果が高い理由

動画広告が市場で注目を集めているのは、次に挙げるような理由で高い効果を得ることができるためです。

  • 動画広告視聴者・視聴時間の増加
  • 記憶に残りやすい
  • 5Gの登場
  • CTVの普及

以下で詳しく解説します。

動画広告視聴者・視聴時間の増加

YouTubeのような動画サイトが登場したことで、動画の視聴時間は急増しました。1人1台スマートフォンを持つことが当たり前になった近年、「テレビよりもスマートフォンでSNSやYouTubeを観ている」という人が増加しました。

人が集まる媒体に広告を出すことで、より高い訴求効果が見込めます。その結果、YouTubeやSNSに動画広告が普及することになったのです。

記憶に残りやすい

動画広告は、記憶に残りやすいのも効果を高める理由のひとつです。テキストや画像などに比べて、動画は視覚や聴覚に働きかけます。ストーリー性のある内容や、テンポのいい音楽などで構成されている動画広告は、短時間の視聴でも記憶に残りやすいのです。

5Gの登場

5Gの登場が動画広告の効果を高めることにつながります。現在普及している4Gでは、容量や速度の問題で4Kや8Kといった動画の視聴は困難です。しかし、5Gが浸透することで容量の大きい動画も快適に視聴することが可能になります。結果、表現の幅が増えるなど、動画広告のクオリティが今以上に高まることが予想されます。

CTVの普及

インターネットに接続してYouTubeなどを視聴できる「CTV(コネクテッドテレビ)」の普及も、動画広告の効果を高める要因です。

スマートフォンやPCで動画サイトを視聴するのが一般的でした。しかし、CTVが登場したことで、テレビでYouTubeなどを視聴することが可能となりました。テレビよりも動画サイトを視聴する時間が増加した結果、動画広告の需要も増えることになったのです。

動画広告のメリット

動画サイトやSNSに動画広告を出稿することで、次のようなメリットがあります。

  • イメージを伝えやすい
  • 低予算から出稿できる
  • SNSで拡散されやすい
  • 多くの情報を伝えることができる
  • 効果検証ができる
  • 費用対効果が高い

以下で詳しく解説します。

イメージを伝えやすい

テキストや画像のみでは、商品やサービスの魅力を十分に伝えることは困難です。対して動画広告は、映像や音声で視覚・聴覚に働きかけるため、商品やサービスのイメージを伝えやすいのが強みと言えるでしょう。

低予算から出稿できる

テレビCMを放映するには多額のコストがかかります。一方、YouTube広告であれば、最低10万円からと低予算で出稿が可能です。

SNSで拡散されやすい

動画広告は、SNSで拡散されやすいのもメリットです。クオリティの高い動画広告が話題になることで、ユーザー間で情報のシェアが活発に行われます。SNSで拡散されることで、コストをかけることなく不特定多数のユーザーに宣伝してもらえます。

多くの情報を伝えることができる

テキストや画像のみと比べて、映像や音声で構成されている動画広告は、商品やサービスの情報をより多く伝えることが可能です。

効果検証ができる

動画広告は、視聴された回数や再生数などを確認しやすいのが強みです。ユーザーに受けの悪い動画広告を把握できるため、改善すべき点の洗い出しも容易になります。

費用対効果が高い

動画広告は、費用対効果が高いのもメリットです。YouTubeに動画広告を出稿する場合、最低10万円ほどと低コストで出稿することが可能です。動画の制作費もテレビCMと比べると安価で制作できるうえ、他の動画サイトなどにも活用できるなど、費用対効果に優れています。

動画広告のデメリット

動画広告の出稿は多くのメリットがある反面、次のようなデメリットがあることも留意しておきましょう。

  • コストがかかる
  • クオリティに左右される

以下で詳しく解説します。

コストがかかる

動画広告は、画像やテキストを使った広告よりもコストがかかります。動画のクオリティや尺の長さによって必要なコストも変動します。さらに、撮影や編集のためにスタッフを増やしたり、必要な機材を揃えるために多額の費用がかかるケースも少なくありません。

クオリティに左右される

動画広告は、クオリティによって評価が左右されます。高クオリティな動画であれば、ユーザー間で話題になり、SNSで拡散される場合もあります。しかし、不適切な表現がされているなどの低クオリティな動画広告は、悪い意味で話題となり、瞬く間に拡散・炎上してしまうでしょう。結果、企業や商品・サービスなどのイメージ低下を招くことになるのです。

動画広告の種類

動画広告には、次のような3つの種類があります。

  • インストリーム広告
  • インバナー広告
  • インリード広告

以下で詳しく解説します。

インストリーム広告

インストリーム広告は、動画が始まる前、途中、後で流れる広告です。インストリーム広告には、広告を途中でスキップできる「スキッパブル広告」と、広告をスキップできない「ノンスキッパブル広告」の2種類あります。

インバナー広告

インバナー広告は、バナー広告が設置された箇所に掲載される動画広告です。ユーザーがサイトを訪れた際に、ミュートした状態で自動再生されます。インバナー広告は、動画サイト以外にも出稿できるため、普段は動画を観ない層にも認知してもらえます。

インリード広告

WebサイトやSNSのコンテンツとコンテンツの間に表示される動画広告です。ユーザーがスクロールしたタイミングで動画が再生されるため、視聴されやすい特徴があります。

手軽に始められる動画広告

手軽に始められる動画広告の例として「CMerTV」と「Tver」について解説します。

CMerTV

株式会社「CMerTV」は、PCやスマートフォンなどに動画配信サービスを提供しています。出稿金額は100万円からとなります。配信メディアを指定し、画面上部に広告を固定で表示することが可能です。

Tver

Tverは、民放テレビ局が共同で提供している動画配信サービスです。出稿金額は100万円からとなります。Tver視聴者をターゲティングして視聴させることが可能です。スキップ不可の仕組みなので、完全視聴率が高いことが特徴です。

まとめ

当記事では今回、動画広告を出稿することで得られる効果について解説しました。

動画広告を出稿することで、次のような効果が期待できます。

  • 認知拡大
  • 販売促進
  • 明確なターゲティング
  • 潜在層にアプローチ
  • 魅力が伝わりやすい
  • 費用対効果

テキストや静止画のみの広告と比べて、視覚や聴覚に働きかける動画広告は記憶に残りやすいというメリットがあります。費用対効果にも優れている動画広告は、自社の商品やサービスの認知拡大、販売促進に適しています。

お問い合わせ

アイデアで
コミュニケーションを変え、
アイデアで社会を変える。