SNS広告とは? 初心者でも理解できるSNS広告のメリット、特徴、注意事項を解説 | 株式会社デイリースポーツ案内広告社
COLUMN

SNS広告とは? 初心者でも理解できるSNS広告のメリット、特徴、注意事項を解説

2022年7月29日 SNS広告とは? 初心者でも理解できるSNS広告のメリット、特徴、注意事項を解説

SNS広告とは

SNS広告とは、主にFacebook、Instagram、Twitter、LINEなどのソーシャルネットワーキングサービス(会員制交流サイト)を活用した広告手法の一つとなります。

2000年代後半から、SNSはスマートフォンの普及に伴い爆発的に利用者を増加させ、SNSの生活者に与える影響力が強くなることで、企業が生活者とのコミュニケーション活動の一つとして、SNSの活用に注目が集まり、SNS広告に関する注目度も高まりました。

現在では、様々な個性を持ったSNSが存在しており、各企業も自社サービスの文脈にあったSNSをうまく活用し始めています。

今回はそんなSNS広告のメリットや特徴を利用したことがない方にもわかるように解説していきます。

SNS広告の特徴

①小額予算からスタートが可能

TVCMや新聞広告などのマスメディアの広告に比べ、比較的安価に出稿をスタートすることができます。一般的に運用型広告ともいわれるジャンルの広告手法でプラットフォームによっては1円からでも出稿が可能です。

②詳細なターゲティングが可能

SNSは会員登録時に個人情報を登録するため、年齢、職業、居住地など詳細にターゲティングが可能になります。また、サイト内での行動履歴などをもとにセグメントも可能です。

各プラットフォームによってセグメントできる内容は違うので一概にどこまでターゲットセグメントできるかはいえませんが、Facebookなどは原則実名登録のため詳細なターゲティング可能です。

③様々広告目的に対して対応可能

現在のSNSはコミュニケーションインフラともいうべき存在になっているため、単純なタイムラインへの投稿機能や広告配信だけでなく、Eコーマスやデジタル販促機能も有しています。

そのため潜在顧客への認知獲得だけでなく、見込顧客への販売促進、既存顧客のエンゲージメント獲得など様々なアプローチが可能になっています。

SNS広告の媒体別特徴

Facebook

Facebook最大の特徴は実名登録制のため、信ぴょう性の高いターゲティングが可能で登録されている個人情報も豊富なため、詳細なターゲティングが可能です。日本では、「おじさんSNS」といわれるほど30代~50代のビジネスユーザー中心にビジネスコミュニケーションツールとして利用されており、BtoBのプロモーションとの相性が良いという特徴があります。

Instagram

Meta(旧Facebook)の傘下のサービスであるInstagramは、同一の管理画面で運用が可能なため、Facebookとほぼ同様な内容の形で出稿が可能です。ただしもっとも特徴的なのが、画像を中心としたビジュアルコミュニケーションのSNSのため、強い印象をユーザーに与えることができ、ブランド認知を促進するのに優れたSNS広告です。

現在はショッピング広告など販売促進につながる機能もあり、目的に沿った様々な手法でプロモーションが可能です。 女性ユーザーが多く、女性をターゲットにしたプロモーションと相性がよいという特徴があります。

Twitter

Twitterは匿名性が高く個人情報でのターゲティングにあまり適していませんが、フォロワーやキーワードなどの趣味嗜好に合わせたターゲティング優れた特徴があります。またTwitterの特徴として、リツイートなどの拡散性に優れいているため、2次的な拡散などが起こる可能性があります。

LINE

LINEは元々メッセンジャーアプリとして、メッセージのやり取りをする機能を中心に利用者を拡大させ、現在国内では月間アクティブユーザーが9200万人(2022年現在)を誇る国内最大のプラットフォームになります。

特徴として幅広いターゲット層にリーチが可能で、特に他SNSではリーチがしづらい、シニア層などにもリーチができるという特徴があります。また、現在はユーザーデータを管理画面を通して活用し、広告から販促まで幅広いプロモーションに横断的に活用できるという特徴があります。

TikTok

TikTokは今回紹介するSNSの中で最も後発のサービスですが、ショートムービーを中心に特に若年層からの強い支持でユーザー数を増やしたSNSとなります。動画による訴求のため、Instagram同様ブランド認知に優れ、特にZ世代と言われる10代~20代前半のプロモーションと相性が良い特徴があります。

SNS広告事例

Facebook

BtoB向けサービス企業様
施策:サイト流入者に対するターゲティング、対象とするターゲットに類似したユーザーに対するターゲティング
目的:お問合せ獲得
クリック単価:200円前後

Instagram

保険企業様
施策:ターゲット属性に合わせたターゲティング、サイト流入者に対するターゲティング、対象とするターゲットに類似したユーザーに対するターゲティング
目的:資料請求獲得
クリック単価:45~55円

Twitter

日用品メーカー様
施策:設定したキーワードをツイート、検索したユーザーにターゲティング
目的:サイト流入
クリック単価:57円

LINE

ファッション関連企業様
施策:ターゲット属性に合わせたターゲティング、顧客データにあるメールアドレスとLINE登録時のメールアドレスが合致するユーザーにターゲティング、サイト流入したユーザーにターゲティング
目的:販売促進
クリック単価:30~40円

TikTok

キャラクターグッズ販売企業様
施策:セグメントなし配信
目的:サイト流入
クリック単価:20~30円

SNS広告の成功ポイント、注意点

①課題と実施目的を明確にする

SNS広告を実施することが目的にならないよう事前に自社の課題を明確にしておきましょう。明確にしたうえで目的達成するためにSNS広告が最適な場合はSNS広告を選択します。

また達成したい目的に合わせて課金形式や配信方法などの施策設計が変わりますので、認知を獲得したいのか、販売促進につなげたいのかなど目的も明確にしておきましょう。

②ターゲットを明確にする

広告を届けたいターゲット、ペルソナ像をしっかり設定しておくことが大事になります。
事前にペルソナ像を設定しておけば、SNS広告の特徴である詳細なターゲティングをすることが可能になります。

③複数のクリエイティブを用意する

初期の配信設計後もSNS広告は随時調整が可能な運用広告になります。運用開始後もPDCAを意識して、最も効率の良い方法を模索するためにも、掲載するクリエイティブは複数用意することをおススメします。

SNS広告の注意点

SNSは拡散性が高く、炎上リスクが伴うため、運用方法には注意を払いましょう。生活者が不快に感じるような広告内容は避け、あくまで企業が生活者側のメディアにお邪魔しているという姿勢でコミュニケーションを図ることが大事になります。

まとめ

今回はSNS広告についてのメリット、活用事例について紹介しました。 上述の通り、SNS広告を活用したマーケティング手法は多岐に渡るため、目的や課題に応じて施策を選定することが肝要です。

デイリースポーツ案内広告社では、社内で専任の運用チームを組織、主要SNSプラットフォームの運用広告を自社内で運用し、日々お客様のSNS広告の運用をサポートしております。

お問い合わせ

アイデアで
コミュニケーションを変え、
アイデアで社会を変える。