【5分でわかる】動画マーケティングとは?メリットやデメリットを紹介 | 株式会社デイリースポーツ案内広告社
COLUMN

【5分でわかる】動画マーケティングとは?メリットやデメリットを紹介

2022年8月24日 【5分でわかる】動画マーケティングとは?メリットやデメリットを紹介

動画マーケティングとは

動画マーケティングとは、動画を使って自社の商品やサービスの情報を発信するマーケティング手法を言います。映像や音声、アニメーションを使うことで、商品・サービスの魅力を伝えることが可能です。文字や絵のみと比べて、多くの情報を短時間で表現できるのも利点と言えるでしょう。

また、動画マーケティングは、動画を作成してYouTubeなどに公開すれば終了というわけではありません。動画を効果的に運用するための戦略を立てたり、公開後の動画を分析するなどが行われます。

動画を用いて自社の商品やサービスを効率的に売り込む、そのために行われる作業や業務を含めて「動画マーケティング」と言います。

動画マーケティングが注目されている背景

近年、企業で動画マーケティングが注目されている背景には、次のような理由があります。

  • 動画広告市場が拡大
  • スマートフォンの普及
  • 動画プラットフォームの普及
  • 5Gの開始

以下で詳しく解説します。

動画広告市場が拡大

一昔前は動画をメインにできるほど、インターネット環境は整っていませんでした。ですが、近年はインターネット回線の速度向上やスマートフォンなどの端末が普及したことで、動画コンテンツを視聴する機会が増えました。

YouTubeなどの動画サイトだけでなく、TwitterやTikTok、InstagramといったSNSなど、誰でも気軽に動画を視聴できる環境が整ったことで、マーケティングの手法にも変化が現れました。従来の広告を使ったマーケティングだけでなく、動画広告を活用したマーケティングが主流となっています。動画広告市場は、今後も増々拡大していくことが予想されています。

スマートフォンの普及

スマートフォンの普及したことで、動画が身近なものになったといっても過言ではありません。

スマートフォンが普及する前は、動画を視聴するにはPCが必要不可欠でした。デスクトップPCを用いて、自宅で動画を視聴するのが当たり前だったのです。ノートPCを使って外出先で動画を視聴することもできましたが、端末が大きかったために一般的ではありませんでした。

スマートフォンやタブレットが登場したことで、その環境は一変しました。片手で扱えるサイズのスマートフォンが普及したことで、時間や場所を問わず動画が視聴可能になりました。動画の視聴が当たり前になったことで、動画マーケティングが急速に普及することになったのです。

動画プラットフォームの普及

スマートフォンが身近なものになったのと同時に、動画プラットフォームが普及したことも動画マーケティングが広がる一因となっています。

従来は機材を持っている一部の人だけが利用していたYouTubeなどの動画プラットフォームも、スマートフォンが普及することで、誰でも気軽に利用可能となったのです。

それに伴い、一般人でも動画を投稿する人が増えたことで、動画プラットフォームはより身近なものになりました。昨今では、テレビを観るよりも動画を視聴する人が増えているとも言われています。

動画プラットフォームの利用が当たり前になったことで、動画内に埋め込むタイプの動画広告も急速に普及することになりました。結果、高い訴求効果が期待できる動画マーケティングが急速に成長するに至ったのです。

5Gの開始

インターネット回線の速度向上が、動画プラットフォームの普及や動画マーケティングの成長に大きな影響を与えています。

回線速度が遅かった当時は、ちょっとした動画を視聴するだけでも時間を必要としました。しかし、回線速度が向上し、スマートフォンと共に「4G回線」が広まったことで、どこでも動画視聴が可能となりました。

そして近年では、4G回線の100倍の速度を誇るといわれる「5G回線」が登場しました。より多くのデータをやり取りできる環境が作られることで、今までよりも動画マーケティングの幅が広がることが予想されています。

動画マーケティングのメリット

動画をマーケティングに活用することで、従来のテキストと絵・写真だけの広告にはない次のようなメリットがあります。

  • 短時間で膨大な量の情報を届けられる
  • ブランディング
  • ターゲティングしやすい
  • 拡散されやすい
  • 効果検証しやすい
  • 顧客満足度の改善

以下で詳しく解説します。

短時間で膨大な量の情報を届けられる

テキストや写真のみの広告に比べて、動画は短時間で膨大な量の情報を視聴者に届けることが可能です。

従来の広告は、商品やサービスの魅力を十分に伝えることができませんでした。しかし、映像や音声、アニメーションなどの動画であれば、表現の幅が広がることで商品やサービスについてより多くの情報を伝えることが可能となったのです。

ブランディング

自社の商品やサービスなどにブランドイメージを付けることを「ブランディング」と言います。これまでは、自社商品やサービスを伝える手段といえば雑誌広告や口コミが主流でした。情報を伝える手段が乏しかったため、ブランディングには長い時間とお金を必要としていました。

しかし、動画が普及したことで、情報の伝達量や速度が格段に向上しました。自社商品やサービスの情報を短時間で伝えることが可能になったことで、自社のブランドがしやすくなったのです。

ターゲティングしやすい

動画広告は、自社商品やサービスに合致しているユーザーをターゲティングしやすいのもメリットのひとつです。

例えば、広告として代表的なものにテレビCMがあります。テレビCMのメリットは、不特定多数の人たちに情報を伝えられる点にあります。しかし、裏を返すと自社商品・サービスに合致したユーザーだけをターゲットにすることは困難でした。その点、動画広告は商品やサービスに興味のある人を絞り込んで広告を届けることが可能です。

拡散されやすい

情報を伝達する手段として、古くから口コミが用いられてきました。そんな口コミも現代では、SNSでの拡散という形に姿を変えています。

興味を惹かれた情報を見つけたら、あっという間に不特定多数の人たちで情報を共有することが可能となりました。SNSで拡散されやすいといった環境は、動画広告にとってメリットと言えます。

例えば、YouTubeで公開されている動画広告には、シェアをする機能が備えられています。スマートフォンなどで動画を視聴していて、気になる商品やサービスを見つけたらすぐに拡散されるという環境にあるのです。

効果検証しやすい

動画広告は従来の広告やテレビCMと比べて効果検証がしやすいのも利点と言えます。

例えば、テレビCMは商品情報を広く伝えることが可能です。しかし、誰が、いつ、どこでCMを見たのか、CMに影響されて購入した人数などを知ることは困難でした。対して動画広告であれば、再生数や視聴者数、コンバージョン率などから検証がしやすいのです。

顧客満足度の改善

商品やサービスを購入したユーザーの顧客満足度を改善するために、動画を活用することをおすすめします。

例えば、商品のマニュアルを動画化することで、手軽に視聴できるうえに細かい点まで伝えることが可能です。ちょっとしたテクニックや詳しい使い方を動画にすることで、顧客の満足度を高めることにもつながります。

動画マーケティングのデメリット

動画マーケティングにはいくつものメリットがある反面、次のようなデメリットもあります。

  • コストがかかる
  • ノウハウが必要

以下で詳しく解説します。

コストがかかる

動画を自社で制作するのもひとつの手段ではありますが、どうしてもクオリティは低くなりがちです。クオリティの低い動画は、商品やサービスのイメージを悪くする恐れがあります。

そこで、動画は動画制作会社に発注するのが最も確実です。しかし、動画制作会社に発注すると、どうしてもコストはかかってしまいます。

ノウハウが必要

動画作成にはノウハウが必要です。自社で動画を制作することになったとしましょう。しかし、いざ制作を始めようと思っても、何をしていいのかわからないものです。

どのような機材を用意すればいいのか、動画を制作するにはどうしたらいいのかなどがわからないため、手探りしながら始めることになります。そんなノウハウがない状態で動画を制作しても、クオリティの低い動画しか作ることはできないでしょう。

動画マーケティングの活用方法

動画マーケティングの活用には、次のような方法があります。

  • 動画広告
  • Webサイトに埋め込む
  • SNSマーケティング
  • メルマガ配信

以下で詳しく解説します。

動画広告

自社の商品やサービスについて認知してもらう方法として、広告は有効な手段のひとつです。動画広告はTwitterやInstagramといったSNSから、YouTubeなどの動画サイトで頻繁に利用されています。

Webサイトに埋め込む

企業のWebサイトに動画を埋め込んでおくことで、企業サイトを訪れた人に商品やサービスについて認知してもらえます。

SNSマーケティング

商品やサービスの情報を拡散させることを目的に、TwitterなどのSNSに動画広告を出稿する「SNSマーケティング」も効果的です。

メルマガ配信

動画を埋め込んだ「メルマガ(メールマガジン)」を登録者に配信することで、商品やサービスの認知度や理解度を深めることが可能です。

動画マーケティング成功のポイント

動画マーケティングを成功させるためにも、次のポイントを押さえておきましょう。

  • 目的・ターゲットを明確にする
  • 配信先を決める
  • 制作会社の選定
  • 効果検証

以下で詳しく解説します。

目的・ターゲットを明確にする

動画マーケティングでは、目的やターゲットを明確にする必要があります。商品やサービスを購入につなげるには、興味を持っている人にアピールすることが重要となります。

目的やターゲットが曖昧な状態で動画を制作しても、本来ターゲットになるはずの人にも伝わらない内容になってしまいます。

配信先を決める

TwitterやYouTubeなど、動画マーケティングを実施する媒体はさまざまあります。どの媒体に配信するかを明確に決めておくことで、配信先に訪れる人に視聴しやすい動画を作成できます。

制作会社の選定

動画制作会社にも、得手不得手があります。予算を抑えることばかりを考えて、価格で制作会社を選んだ結果、望んでいたクオリティの動画が作れないケースも少なくありません。

動画の作成を制作会社に依頼する場合は、自社が望んでいる動画を作ることができるかをチェックしてからにしましょう。

効果検証

動画を利用した動画マーケティングの強みは、効果検証がしやすい点にあります。

どの年齢層の人が動画を見ているのか、どの程度まで興味を持ってもらえているのか、男性と女性ではどちらが多いのかなど、視聴者の情報を得やすいのが動画の利点です。

動画マーケティングの事例

こちらでは動画マーケティングの事例をご紹介します。

①スキャナー辞書提供企業様

販売するペン型スキャナー辞書の告知でYouTube広告を展開しました。

英単語や英文をなぞるだけで、翻訳から発音までしてくれる「NazoritAI Pro」は、海外のビジネスパーソンと仕事をする機会の多い人にピッタリの商品です。

吉本興業に所属するマヂカルラブリーさんを起用したPR動画では、お二人のネタとCGを組み合わせることで、インパクトのあるものに仕上がっています。

参考URL:https://daily-ad.jp/works/sinewave/

②スポーツ用品メーカー企業様

新商品の発売に伴い、認知拡大を目的としたYouTubeの TrueView インストリーム広告を実施しました。

視聴率が想定の約1.5倍となり、顧客満足度の高いCPVを達成することができました。

まとめ

当記事では今回、動画マーケティングについて解説しました。

従来のテキストと写真・画像を使った映像と比べて、視聴者の印象に残りやすい動画マーケティングは注目されている手法のひとつです。

そんな動画マーケティングが注目されている背景には、次のような理由が挙げられます。

  • 短時間で膨大な量の情報を届けられる
  • ブランディング
  • ターゲティングしやすい
  • 拡散されやすい
  • 効果検証しやすい
  • 顧客満足度の改善

動画を手軽に視聴できる環境になったからこそ、動画マーケティングを積極的に取り入れるべきです。

お問い合わせ

アイデアで
コミュニケーションを変え、
アイデアで社会を変える。