LINE公式アカウント運用でよくある失敗事例から成功のポイントを学ぶ! | 株式会社デイリースポーツ案内広告社
COLUMN

LINE公式アカウント運用でよくある失敗事例から成功のポイントを学ぶ!

2022年7月22日 LINE公式アカウント運用でよくある失敗事例から成功のポイントを学ぶ!

LINE公式アカウントで失敗するケース

LINE公式アカウントとは、企業や店舗がLINEをビジネスに利用できるサービスのことです。情報発信や商材のアピールができるため、販売促進や集客の効果が期待できます。

ですが、LINE公式アカウントを使い始めてみたものの、なぜか失敗したという人も少なくありません。LINE公式アカウントで失敗するのは、次のような理由が考えられます。

⚫︎ とりあえずはじめてしまう
⚫︎ LINE公式アカウントの機能を理解していない
⚫︎宣伝ばかりしてしまう
⚫︎LINEだけに頼ってしまう

以下では、LINE公式アカウントで失敗する理由を詳しく解説します。

とりあえずはじめてしまう

「便利そうだから」「他社も使っているから」などの理由で、とりあえずLINE公式アカウントを使い始めるのはおすすめしません。LINE公式アカウントが、情報発信に重宝するツールなのは事実です。しかし、明確な目的もなく、誰をターゲットにしているかも決めないまま使い始めても、望むような効果は得られないでしょう。

「他社が使っているから」という理由だけでLINE公式アカウントを使うのではなく、何のために使うかを明確にする必要があります。

LINE公式アカウントの機能を理解していない

便利なツールは、使い方次第で最良の結果を得ることが可能です。そのためには、ツールに備えられている機能を使いこなせなければいけません。

LINE公式アカウントも同様に、便利な機能はたくさんあります。それらを理解せずに使っていては、宝の持ち腐れになってしまいます。LINE公式アカウントのようなツールを使う際、実はすでに機能が備わっているのに「あの機能もあればいいのに」と不満を漏らしている人は少なくありません。望んだ結果を得るためにも、LINE公式アカウントに備えられている機能をしっかりと把握しておきましょう。

宣伝ばかりしてしまう

LINE公式アカウントを、情報発信のツールとして利用するのは間違っていません。しかし、宣伝の頻度が多すぎると、ユーザーにしつこいと思われかねません。自分にとって必要のないメッセージが届けば、誰でも煩わしいと感じるものです。LINEであれば、友だち登録を解除したり、ブロックしようとするはずです。

ユーザーに友だち登録を解除されないためにも、宣伝ばかりをするのではなく、クーポンの配信やユーザーが有意義と思える情報を発信し続けることが重要です。

LINEだけに頼ってしまう

LINE公式アカウントは、集客や販促に高い効果が見込めます。しかし、だからといってLINE公式アカウントだけに頼るのはおすすめしません。いくらLINE公式アカウントでユーザーを集めても、肝心の自社のホームページが使いづらいのでは意味がありません。LINE公式アカウントは、ユーザーとの橋渡しのためのツールです。情報を発信して集客を行った後は、購入してもらえる態勢を整えておく必要があります。

LINE公式アカウント運用成功のポイント


LINE公式アカウントの運用で成功する秘訣は、友だち登録の多さにあります。友だちの数が多ければ、自社製品やサービスの情報を拡散してもらいやすくなります。

次にご紹介するポイントを押さえておくことで、友だちを増やすキッカケになります。

⚫︎定期的な情報発信
⚫︎長文ではなく視覚的なコンテンツ
⚫︎自社サービスに合った戦略

以下で運用成功のポイントを詳しく解説します。

定期的な情報発信

ユーザーが必要とするのは、自分にとって有益な情報だけです。自分の生活を豊かにすることを第一に考えています。登録している企業からのメッセージが、宣伝ばかりで役に立たない情報だけでは、友だちを解除されたりブロックされる可能性が高くなります。

そこで、ユーザーに有益な情報を届けてお得感を演出しましょう。ユーザーが思わずシェアしたくなる情報や、ショッピングで利用できるクーポンの発信を定期的に行うのです。ユーザーが満足できる情報を発信し続けることで、友だち登録を維持することが可能です。加えて、利益があると知った新たな顧客の獲得にもつながります。

長文ではなく視覚的なコンテンツ

情報を発信する際は、画像を使って視覚的なコンテンツを活用するようにしましょう。長文のテキストを配信しても、多くのユーザーはまともに読むことはありません。いくら噛み砕いた分かりやすい文章だとしても、長文という時点でアプリを閉じてしまうはずです。情報を発信する際は、テキストだけでなく画像や動画などを使って分かりやすさを重視しましょう。

自社サービスに合った戦略

LINE公式アカウントで情報を発信すれば、必ず結果が出るかと言えばそうではありません。ユーザーのニーズに合わない商品の情報を発信しても、見向きもされないでしょう。それどころか、無駄な情報しか発信しないという理由で、友だちを解除されたりブロックされたりするはずです。

LINE公式アカウントは便利なツールですが、ただ施策を打てば成果が勝手に出るというものではありません。LINE公式アカウントで情報を発信する際は、店舗や商品の状態を理解することが必要です。そのうえで、自社のサービスに合った戦略を取ることが重要となります。

LINE公式アカウントは運用代行で失敗を防ぐ

LINE公式アカウントは、自社の商品やサービスをアピールするための優れたツールです。しかし、せっかく優れた機能があったとしても、使いこなせなければ意味がありません。だからといって、業務の傍らでLINE公式アカウントの勉強をするのは、時間がかかりすぎてしまいます。LINE公式アカウントを適切に管理・運用するには、個人の力では知識や経験に限界があります。

そこで、さまざまな業界・業種の公式アカウントを運用してきたような代理店に運用代行を依頼すれば、自社に合った施策を提案して成果を出してくれるでしょう。

デイリースポーツ案内広告社のLINE公式アカウント運用事例

飲食チェーン運営企業様

・目的:リピーター獲得
・課題:自社運用で開設していたが、活用しきれず、配信できていなかった。
・対策:定期配信の作成・配信、ショップカードの活用、検証レポート作成
・結果:友だちの50%以上が10回以上のリピート獲得

家電メーカー企業様

・目的:販売促進
・課題:自社運用で開設していたが、開封率、ブロック率が徐々に悪化
・対策:オーディエンス配信、ステップ配信の活用、検証レポートの作成、チャットボットの改善、LINETagの活用
・結果:開封率20%改善、売上増加、検証・分析の改善

まとめ

LINE公式アカウントは、自社のサービスや商品の情報を発信できる便利なツールです。しかし、以下のように使い方を間違えると、望むような結果は得られないでしょう。

⚫︎とりあえずはじめてしまう
⚫︎LINE公式アカウントの機能を理解していない
⚫︎宣伝ばかりしてしまう
⚫︎LINEだけに頼ってしまう

LINE公式アカウントを効果的に運用するためにも、次のポイントを押さえておくことをおすすめします。

⚫︎定期的な情報発信
⚫︎長文ではなく視覚的なコンテンツ
⚫︎自社サービスに合った戦略

LINE公式アカウントの運用を成功させるには、ユーザーにとって有益な情報を発信し続けることが重要です。できるだけ長文を避けて、動画や画像を盛り込むことで格段に読みやすくなるでしょう。そのうえで、自社のサービスに合った戦略を取ることが重要となります。

これらのことを個人の力で行うのは限界があります。そこで、LINE公式アカウントの運用を代理店に任せることも視野に入れてみてはいかがでしょう。経験や知識が豊富な運用代行を活用することで、自社の商品やサービスを効果的にアピールすることが可能となります。

>>LINE公式アカウント運用について

お問い合わせ

アイデアで
コミュニケーションを変え、
アイデアで社会を変える。