【法人・企業向け】LINE公式アカウントの友だちを増やす方法7選! | 株式会社デイリースポーツ案内広告社
COLUMN

【法人・企業向け】LINE公式アカウントの友だちを増やす方法7選!

公開日:2022年12月22日更新日:2023年1月18日 【法人・企業向け】LINE公式アカウントの友だちを増やす方法7選!


LINE公式アカウントの運用効果を高めるために欠かせないのが「友だち」です。

友だちが多ければ多いほど、店舗やECサイトへの集客、商品やサービスの認知拡大、売上増加が期待できます。しかし、多くの法人・企業向けLINE公式アカウントが直面するのが、「どうやって友だちを増やしていけば良いのか」という課題です。

この記事では、友だちを増やすための具体的な方法をいくつか紹介していきます。

友だちを増やすメリット

まず、友だちを増やすとどんなメリットがあるのかを見ていきましょう。

情報を効率良く発信することができる

LINEは他のSNSとは違い、基本的には友だち追加してくれた人にしか情報は届きません。そのため、むやみやたらに割引クーポンなどを配ることなく、友だち追加してくれたユーザーだけに特別な情報を届けることができますので、ユーザーが特別感やメリットを感じやすくなります。

また、LINEのメッセージは、企業が顧客に配信するメルマガと比べて、開封してもらえる可能性が高いことも特徴です。

ユーザーのリピートを促すことができる

LINEは他のSNSと比べて、知人とのコミュニケーションツールとしての役割が大きく、企業の公式アカウントはユーザー側から見つけて友だち追加してもらう必要があります。そのため、友だちになるユーザーは基本的に、既に企業や店舗のことを認知している、もしくは来店・利用したことがあるケースが多いです。

一度来店・利用したユーザーに友だちになってもらえれば、再び来店・利用してもらうためのクーポンやメッセージを届けることができたり、お得な情報、新しい情報を発信することができ、リピートを促すことが可能です。

また、友だちの性別や居住地域といった属性別に、異なるメッセージを配信することも可能なので、よりその人に合った情報が届きやすくなり、メルマガや他のSNSに比べてユーザーとの距離が近くなり、リピーターを作りやすくなります。

購入に繋がりやすい顕在層にアプローチできる

上述したように、友だちになるユーザーは商品やサービスに対し関心の高い人たちである可能性が高いです。そのため、一人でも多くのユーザーに友だちになってもらうことが、商品やサービスを利用してくれる見込みの高い顕在顧客を増やすことに繋がり、今後の集客や売上の増加に期待ができるのです。

オフラインで友だちを増やすための方法

では、具体的にどのように友だちを増やしていけばよいか、まずはオフラインでの友だち集めの方法をご紹介していきます。

POPを制作・掲示する

実店舗のある形態の業種であれば、初めに取り入れたいのがLINE公式アカウントのIDや「友だち追加用QRコード」を印刷したPOP掲示です。これが最も確実に、来店ユーザーに公式アカウントの存在を認知してもらえる方法です。

ポスターは、LINEのWEB版管理画面からダウンロードすることが可能です。デザインが3パターンあり、キャッチコピーもいくつかのパターンから選択できますので、掲示場所や用途に合わせて選択してください。

ポスターは、できるだけユーザーの目に入りやすい場所に掲示しましょう。また、できればレジや接客中などに、スタッフから直接声かけをするとより効果的です。

出典: https://www.linebiz.com/jp/column/technique/20190426-1/
(LINE for Business)

オリジナルのノベルティなどを作成する

ここでいうノベルティとは、LINEのWEB版管理画面から注文することができるPOPやショップカードなどの販促物を指します。

一部のPOPには、 友だち追加用のオリジナルQRコードが印刷された状態で納品されるものもありますので、掲示場所や用途に合わせてご希望のノベルティを1つから注文することが可能です。各ノベルティの金額は以下の通りです。

ノベルティ

  • 三角POP 500円(税別)/1枚
  •  三角POP(自由記入枠あり) 500円(税別)/1枚
  •  ステッカー 200円(税別)/1枚
  •  ラミネートパネル(A5サイズ) 600円(税別)/1枚
  •  ラミネートパネル(A4サイズ) 800円(税別)/1枚
  •  ショップカード 3000円(税別)/1セット(100枚)

※上記金額は2022年12月現在の情報をもとに記載しています。

出典: https://www.linebiz.com/jp/column/technique/20190426-1/
(LINE for Business)

商品のパッケージやレシートにQRコードを印刷

商品パッケージやレシート、または会員カードやショップカードにLINE公式アカウントのQRコードを印刷しておくのも有効な手段の一つです。レジでは友だち登録する時間がなかったお客様でも、お店を出たあとにLINE公式アカウントの存在を思い出して友だち追加してもらうことができます。

この際できれば、友だち追加のQRコードだけではなく、友だち追加時のメリットも添えておくようにしましょう。友だち追加のQRコードは、LINEのWeb版管理画面からデータをダウンロードすることができます。

オンラインで友だちを増やすための方法

続いて、オンラインでの友だち集めの方法をご紹介していきます。実店舗を持たない場合はこちらを参考にしてください。

webサイト上やメルマガ、SNSで促す

オンラインでもオフラインと同様に、友だち追加のQRコードやURLを様々な場所に設置することが、いちばんに取り入れるべき最も効果的な方法です。

WebサイトやECサイトにリンクやクリックボタンを設置して、友だち追加の導線を作りましょう。その際にやはり、友だち追加時のメリットを添えることが重要です。

その他、各種SNSアカウントのプロフィール欄や概要欄、お客様に配信するメルマガ内でLINE公式アカウントの存在を周知させ、友だち追加を促しましょう。友だち追加のURLは、LINEのWeb版管理画面から生成することができます。

友だち追加キャンペーンを行う

「友だち追加すると〇〇があたる!」など、友だち追加することに対しインセンティブを設定したキャンペーン企画を行う方法です。キャンペーンを行うだけでは多くの人にキャンペーンの存在を知ってもらうことができないため、広告媒体等を活用してキャンペーン告知を行うことが必要です。

インセンティブがある分、まだ商品やサービスを利用したことがない人もターゲットになり、キャンペーンがきっかけで友だち追加してもらえる可能性があるだけでなく、初めてサービスや商品を利用するきっかけにも繋がる可能性があります。キャンペーンにかかる費用は、インセンティブの内容や使用する広告媒体などによって変化します。

CPF(友だち追加)広告を活用する

続いて、LINE広告を利用して友だちを増やす方法です。

LINE広告にはいくつかのプランがあり、友だちを増やすのに最も適しているのがCPF(友だち追加)広告です。

CPF広告は、”Cost Per Friend”の頭文字を取っており、「友だち追加に対して広告費用を支払う」という料金形態の広告です。そのため、広告予算の中で無駄なく、効率よく友だちが集められるというのが最大のメリットです。

LINE内の様々な配信面に掲載され、広告をクリックするとワンクリックで友だち追加の画面へ誘導することができます。広告バナーのクリエイティブ内に友だち追加時のインセンティブを記載することで、より効果を発揮し多くの友だちを集めることが可能になります。

出典: https://linestep.jp/2022/07/07/lineofficial-friends-add-advertisement/
(Lステップ公式ブログ)

CPF(友だち追加)広告についてより詳しく知りたい方は下記記事を参照ください。

CPD(スタンプ)広告を活用する

LINE広告を利用して友だちを増やす方法にもう1つ、CPD(スタンプ)広告があります。

CPD(スタンプ)広告は、”Cost Per Download”の頭文字を取っており、「スタンプのダウンロードに対して広告費用を支払う」という料金形態の広告です。2020年4月にLINEプロモーションスタンプの新しく加わった従量課金形式のプランです。

それまでLINEプロモーションスタンプは、最低でも1,000万円のコストが必要でしたが、2020年4月以降、CPD(スタンプ)広告の費用は「ダウンロード数×ダウンロード単価」で決まり、最低出稿額は200万円から実施が可能です。

スタンプのダウンロード時に友だち登録が必須になりますので、企業のオリジナルスタンプを作成しCPD(スタンプ)広告を活用することでも、多くの友だちを集めることが可能です。

LINE公式アカウントの友だちを増やした成功事例

実際の成功事例をご紹介します。

ヤクルト本社様

ヤクルト本社という企業の認知は高いものの、ヤクルト本社から除菌(消臭)スプレーが発売されていることへの認知が低かったため、商品「I(アイ)のチカラ」のLINE公式アカウントの開設告知とともに、人気インフルエンサー「つむぱぱ」とコラボしたオリジナルスタンプを先着5万名にCPD(スタンプ)で配布しました。施策開始4時間という短い時間で5万ダウンロードが終了し、多くの友だち獲得に繋がりました。

※現在、スタンプのダウンロードは終了しております。

出典: https://daily-ad.jp/works/yakult/

友だちを継続するための秘訣

ある程度友だちが増えてきたら、集めた友だちにブロックされることなく、継続してメッセージを受け取ってもらうことが重要です。

友だちを継続させるための秘訣は、友だち追加時の初回あいさつメッセージにあります。下の図からも分かる通り、ブロックされてしまう原因でいちばん多いのは、「通知が多い」です。続いて「期待した情報が得られない」 となっています。

出典: https://poster.ooo/blog/20200302/
(Poster公式サイト)

そのため、初回の あいさつメッセージ内で「月に〇回程度の頻度で情報を発信していきます」と告知をし、「今後どんな情報をLINE公式アカウント内で発信していくか」、が明確になっていれば、友だちに対しストレスなく情報を届けることができます。

「ここでしか手に入らないシークレット情報を年に〇回お届けします」などと告知をするのも効果的です。

自社に合った方法でLINE公式アカウントの友だちを増やそう

LINEは今や日本国民の70%が利用しているとも言われている、最も利用ユーザーの多いSNSです。

友だち集めに苦戦をし、メッセージを更新しなくなってしまうLINE公式アカウントもありますが、友だちの数が増えれば増えるほど売上拡大・サービスの認知に繋がっていきます。

まずは地道な活動から始めていき、LINE広告を有効に活用しながら友だちを増やしていきましょう。

デイリースポーツ案内広告社では、友だち集めのサポートはもちろん、LINE公式アカウントの運用のお手伝いもしております。LINE公式アカウントに関してお困りのことがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

sano_01
佐野 彩果 デイリースポーツ案内広告社・営業部・次長

2011年4月に、広告代理店に憧れてデイリースポーツ案内広告社へ入社。以来12年間、営業部で様々な業種のクライアント様を担当。特にSNS広告や、デジタルプロモーションを含めたプランニング提案を得意とする。

一覧へもどる

アイデアで
コミュニケーションを変え、
アイデアで社会を変える。