プロモーション動画とは?メリットや成功させるためのポイント・制作実績について詳しく紹介
COLUMN

プロモーション動画とは?メリットや成功させるためのポイント・制作実績について詳しく紹介

2022年8月23日 プロモーション動画とは?メリットや成功させるためのポイント・制作実績について詳しく紹介

プロモーション動画とは

プロモーション(promotion)とは、商品やサービスに興味を持ってもらい、販促につなげることを言います。プロモーションの手段には、広告やWebサイトの他に動画も活用されています。

プロモーションに映像や音声、アニメーションといった動画を使うことで、商品・サービスの特徴やメリット、魅力などを十分に伝えることが可能です。

プロモーション動画のメリット

プロモーションに動画を利用することで、次のようなメリットがあります。

  • ブランディング効果が高い
  • 短時間で多くの情報を伝えられる

以下で詳しく解説します。

ブランディング効果が高い

ブランディングとは、自社商品やサービスのブランドイメージを高めることを言います。ブランディングを成功させることは、ユーザーからの信用や信頼を得ることにつながります。

競合他社の商品やサービスと似た自社商品がある場合、ユーザーは価値があると評価されている方を選びがちです。そこで明暗を分けるのは、ブランド力がある企業や商品になります。プロモーション動画を利用することで、時間やコストを抑えつつ自社商品やサービスのブランディングが行なえます。

短時間で多くの情報を伝えられる

プロモーション動画の強みは、幅広い表現方法にあります。例えば、テキストや画像だけの広告では、商品・サービスの魅力を十分に伝えきれません。

一方、映像や音声などで構成されている動画であれば、短時間で商品やサービスについての情報を伝えられます。同時に印象に残る動画を作ることで、認知度を高める効果も期待できます。

プロモーション動画のデメリット

プロモーション動画にはメリットがある反面、次のようなデメリットもあります。

  • 技術力が必要
  • コストがかかる

以下で詳しく解説します。

技術力が必要

プロモーション動画は、ただ撮影すれば良いというものではありません。知識や技術もない素人が、インターネットで調べながら制作してもクオリティの低い動画が完成するだけです。

自社で商品やサービスのプロモーション動画を制作することになったとしましょう。まず、機材を揃える時点でつまずくはずです。次に、商品やサービスに適した演出や音楽をつける際に、イメージ通りにならず悩むことになるでしょう。

プロモーション動画は、カメラを回せば出来上がるというものではありません。動画撮影や編集、演出などのノウハウが必要不可欠なのです。

コストがかかる

コストを抑えるために、自社で制作するのもひとつの手段です。しかし、ノウハウがないとクオリティの低い動画が完成するだけです。

プロモーション動画のクオリティは、商品やサービスのイメージにも直結します。そこで、クオリティの高い動画を制作しようと考えた場合、動画制作会社に依頼することになります。知識や技術のある動画制作会社であれば、品質の高さは保証されるでしょう。ですが、それだけコストもかかってしまいます。

プロモーション動画を成功させるためのポイント

プロモーション動画を成功させるには、次のポイントを押さえておく必要があります。

  • ターゲットと訴求ポイントを明確に
  • 競合調査
  • ストーリー性
  • 配信するプラットフォームを選ぶ

以下で詳しく解説します。

ターゲットと訴求ポイントを明確に

プロモーション動画を発信する際は、ターゲットを明確にすることが重要となります。いくらプロモーション動画の出来がよくても、ターゲットが曖昧では意味がありません。

自社商品やサービスを求めている人に対してプロモーション動画を発信することで、興味や関心を引くことが可能になります。対してターゲットから外れている人にプロモーション動画を発信しても、訴求効果は望めないでしょう。

プロモーション動画を制作・発信する際は、どのような人をターゲットにしているかを明確にする必要があります。

競合調査

自社商品やサービスをユーザーに訴求するには、競合他社よりも優れている点や違いを知ってもらう必要があります。そのために必要なのが競合他社の調査です。

自社商品・サービスと他社の商品・サービスにどのような違いがあるのか、どのような点で価値があるのかを知ることで、効果的なプロモーション動画を制作できます。

ストーリー性

ユーザーが商品やサービスを選ぶ基準として、企業や商品への親密度や共感が重要視されています。プロモーション動画を制作する際にストーリー性を持たせることで、ユーザーの共感を得やすくなります。

配信するプラットフォームを選ぶ

プロモーション動画を配信するプラットフォームには、YouTubeやTwitterなどが挙げられます。それぞれのプラットフォームによって、プロモーション動画を出した際の効果に違いが生じます。

自社商品やサービスの訴求効果を高めるために、ターゲットが利用するプラットフォームを選びましょう。

プロモーション動画の制作方法

プロモーション動画を制作する方法として、次の2つが挙げられます。

  • 制作会社に依頼
  • スマホで作成

以下で詳しく解説します。

制作会社に依頼

クオリティの高い動画を制作するには、動画制作会社に依頼するのが確実な方法です。動画制作会社であれば、動画を制作する技術や知識が蓄えられているため、失敗のリスクを低くすることが可能です。

他にも自社で動画を制作すると、人手や時間が必要となります。動画の制作に人手が取られたために、他の業務が滞ってしまう恐れもあるのです。

時間をかけた割にノウハウが無いことが原因で、クオリティの低い動画ができてしまうかもしれません。結局、動画制作会社に依頼することになって、時間やお金を余計に使うことになる可能性も否定できません。

制作会社に依頼することで、クオリティの高い動画を制作できます。

スマホで作成

プロモーション動画の費用を抑えることが目的であれば、スマホで作成するのも方法のひとつです。最近のスマホはカメラ機能が向上しているため、動画を撮影することは可能です。ですが、スマホで作成する動画には限界があります。動画制作会社が作成するような高クオリティなものは期待できません。

どうしても低予算で動画を制作する必要があれば、スマホで作成すると良いでしょう。しかし、クオリティの高い動画を作成するなら、専門のプロに任せることをおすすめします。

プロモーション動画の制作実績

こちらではプロモーション動画の制作実績をご紹介します。

BtoBシステム提供企業様

提供サービスの高機能タレントマネジメントシステムのサービスローンチにあわせて、プロモーション動画を作成しました。

参考URL:https://daily-ad.jp/works/smartcompany/

スキャナー辞書提供企業様

販売するペン型スキャナー辞書の告知で動画を制作しました。

吉本興業に所属するマヂカルラブリーさんを起用したPR動画では、お二人のネタとCGを組み合わせることで、インパクトのあるものに仕上がっています。

参考URL:https://daily-ad.jp/works/sinewave/

>>制作実績はこちらから

まとめ

当記事では今回、プロモーション動画についてご紹介しました。

ユーザーに自社の商品やサービスを知ってもらう方法として、動画は有効な手段です。そんなプロモーション動画には、次のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • ブランディング効果が高い
  • 短時間で多くの情報を伝えられる

デメリット

  • 技術力が必要
  • コストがかかる

プロモーション動画は、ただ撮影するだけで良いというわけではありません。次にご紹介するポイントを押さえておく必要があります。

  • ターゲットと訴求ポイントを明確に
  • 競合調査
  • ストーリー性
  • 配信するプラットフォームを選ぶ

ある程度のコストはかかるものの、動画制作会社に依頼することでクオリティの高い動画を制作してもらうことが可能です。

自社の商品やサービスの認知度を高めるためにも、プロモーション動画を効果的に活用しましょう。

お問い合わせ

アイデアで
コミュニケーションを変え、
アイデアで社会を変える。